読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風速0km

20代の無職が「生き方」や「働き方」を考えつつ、ゲーム等のサブカルチャーに浸るブログ

十代から考えたいこれからの時代を生きていく中で大切だと思った5つの事[生き方と働き方]

生き方 働き方

自分の今までの人生を振り返る様になりました。自分がいかに、よく考えずに生きてきたかを痛感しました。一度社会に出て、正社員に適応できずに結局仕事を辞め、自分に合った「生き方」「働き方」の事で真剣に悩み、たくさん本を読んだり、考えてたりしていました。自分が10代の頃にもっと真剣になって考えていれば、と後悔しました。悩んだ末に思った事や感じた事を、自分への戒めと備忘録を兼ねて、これから時代で生きていく為に大事だと思った事をまとめます。

 

1.自分に合った生き方は自分で見つける

これからの時代は自分の生き方は自分で見つける事が大事です。未だに「いい大学入って、いい企業に入る」なんて事を言ってくる大人がいます。その通りに動いても、今のこの時代、大企業ですら大規模な人員削減を行う様になったので、必ずしも安泰とは限りません。正社員になれればとりあえず安泰だったのは、日本の人口と経済の規模が拡大し続け、経済成長が安定的に約束されていたも同然だった30年以上前の話です。今の時代「いい大学に入って、いい企業に入る」事は、あくまで人生においての選択肢の一つにしかなりません。自分が向いているのはどのような生き方が合っているのかを、自分で考えて行動し選択していく事が大事です。

 2.行動しない事が最大のリスク

与えられた事を淡々とやっているだけだと何かの拍子につまずいた時に、職にあぶれる危険性が高くなります。些細な事でもいいから、少しずつ行動していけば、次第にそれが次へとつながっていくかもしれません。何もしなければどんな生き物でも、そこで進化は止まってしまいます。とにかく行動を起こす事によって、人生の選択肢が増える可能性が上がり、チャンスが増える事につながります。

経験が無くても何かを見つけて、「やってみたい!」と思ったら、自分の好奇心に逆らわず、とにかく始めてみる事をおすすめします!やってみたいと思った事が自分に合っているかどうかは、やってみなければわかりません。やってみたらそれが自分に合っていなかったらやめて、他の事をまた始めればいいと思います。挑戦しつづける事で、何かをモノにする事ができれば、人生の選択肢が広がり、今後の人生で有利になる可能性が高まります。

3.自分で考えて、自分で行動する

それは自分の頭で考えて、自分の頭で行動する事が大事だと思います。

これまでの日本は、終身雇用を「ごほうび」にブラックな働き方を強いる企業と、それを我慢する労働者とのある種の信頼関係がありました。しかし時代は変わり、終身雇用は実質なくなり、労働者に対する「ごほうび」が無くなったにも関わらず、違法な休日出勤やサビ残等の、ブラックな働き方だけの負の部分だけが残ってしまいました。実際に私の友人やかつての私も含め、過重な労働で苦しんでいる人が何人かいます。

会社は私達を守ってくれません。自分の身は自分で守らなければならない時代です。自分で考えて、自分で行動するべきです。それでも自分で考えて目標や結論が出せなければ、お手本となる人や思想を、人との交流や読書等を通して学び、それを判断基準にする事もありだと思います。

4.好きな事見つけてそれをやり続ける

 お金になる、ならない関わらず好きな事があれば、とことん挑戦した方が良いです。日本に住んでいれば、法とローカルルールさえ守っていれば、命を落とす様な事はまず無いです。好きな事をやり続ければ、それがきっかけで仕事につながる可能性もあります。

5.人生を楽しむ事

そして、一番大事な事は何よりも「人生を楽しむ事」です!私自身も22歳を過ぎてから、絵を描き始めたり、webデザインの勉強を始めたり、このブログに至っては20代半ばを過ぎてから始めたものです。他にも色々な事に手を出したり、計画しています。人生一度きりな上に辛い事だらけだもの、無駄な事で自分をすり減らさないで、もっと人生を楽しんだ方が良いと自分に言い聞かせて、日々生活をしています。

 最後に

昨年仕事を辞めて、いっぱい本を読んで、親や友人と腹を割って話したりして、たくさん悩んで考えた結果、こういう考えに至りました。割とありきたりな内容かもしれないですが、自分と似た事で悩んでいる人もいるのではないかと思い記事にしました。

昨年無職になってから、とても後ろ向きな気持ちになっていました。でも最近になってこの考えがわいてきてからは、もっと前向きに生きたい!と思えるようになりました。